市販の下剤は使わない、乱用している方は流産に注意

妊娠中は市販の下剤は使わないでください。万が一便が出にくくてお腹が苦しいなら、医師に相談の上かならず処方箋薬を利用しましょう。市販の便秘薬は注意して選ばないと子宮を収縮させる作用が強いものもあるため、流産してしまう危険性が出てきます。

 

市販の便秘薬

市販されている便秘薬の多くは「刺激性下剤」といって腸を刺激し、腸の動きを活発にするための薬です。市販薬を飲むとお腹が痛くなった経験があるものは全てこれに当てはまります。

 

腸を直接刺激するわけですから、同時に子宮まで作用し収縮させて流産する危険性もあります。妊娠初期はとくに流産の危険性がありますから、便秘をしても安易に市販薬に手を出すのは避けてください。

 

酸化マグネシウムがおすすめ

妊娠中に処方されることが多いのは、便を柔らかくして排泄しやすくする便秘薬です。腸を直接刺激するのではなく、カチカチになり出にくくなっている便に水分を与え排泄する方法です。これなら妊娠中でも負担がなくなり、医師の処方のもと注意して飲めば問題がないことも多くなっています。

 

便秘薬と胎児への影響は?

薬自体は市販のものを万が一飲んでも胎児への影響はごくわずかだといわれています。市販薬は素人が飲んでも安全なくらいの薬剤しか含まれておらず、普通に飲んだくらいでは悪影響が出にくくなっているからです。

 

ただし乱用してしまったり、子宮を収縮させる作用が強い便秘薬は避けるようにしてください。妊娠に気が付かず便秘薬を1回や2回くらいで胎児に影響が出るわりあいは少ないものの、妊娠の可能性がある方は子宮を収縮させないためにも飲まないのがベターです。

 

もし妊娠の可能性が高い場合は、食品や生活習慣の改善などで薬を使わず便秘を治す方法を知っておくことをおすすめします。