朝一番の水で改善!冷たい水または白湯を飲もう

ストレスが原因の便秘、直腸性便秘では無い普通の便秘の方に有効となるのが、朝1杯の水です。朝起きたらすぐにコップ1杯の水を飲むことで、自律神経がリセットされ腸に刺激を与えることができます。

 

便に水分を与える

朝に水を1杯飲む理由は自律神経をリセットするだけでなく、便に水分を与えて柔らかくする効果も得られます。特に便秘がちの方はどんどん便から水分が失われてカチカチ便になってしまうのです。これを防ぎ毎日排便しやすくするためにも、朝一番のコップ1杯の水をのみましょう。

 

冷たい水を飲む

飲むものは、冷たい水のほうが腸を刺激し腸のぜんどう運動が促されるならそれで良いでしょう。朝一番の冷たい水はすっきりと目覚めさせ、腸も動き出すようになります。朝起きたらすぐにコップに水をくみ、それを一気に飲む干すようにします。

 

白湯が良い方

冷たい水だと体が冷えてしまう方は、一度沸かした白湯を活用しましょう。冷たい水でなくても白湯だって水分補給に繋がります。冷たい水のほうが腸がビックリして起きる効果は期待できるのですが、もともと内臓が冷えている方に冷たい水だとますます働きが弱ってしまうことがあります。

 

女性のように内臓が冷えていると感じる方は、朝一番の飲み物は白湯がおすすめです。白湯が飲みにくいと感じたら、ほうじ茶やコーヒーなど好みの温かい飲み物でもOKです。

 

朝の水が良いわけ

朝の水は副交感神経にスイッチが入り、セロトニンの分泌が促され腸のぜんどう運動が活発化するからです。逆にすとれす性便秘の方は朝の水は効果がありません。下痢と便秘を繰り返す便秘の方、ストレスがかかると腹痛がするのにすっきりとしない便秘の方は注意してみてください。

 

ストレスが原因となる便秘の方は腸壁がけいれんしやすいため、水を飲めば逆にけいれんを強めてしまうことがあるのです。

朝の水はコントレックスがいいのか?

便秘にコントレックス

便秘にはコントレックスといわれることがあります。これはフランス地方の水は硬水だからです。硬水にはミネラルが多く含まれており、これを飲むと便秘が改善しやすくなります。

 

ミネラルの中でも特に注目しておきたいのはマグネシウムです。妊娠中の方の便秘薬としてもマグネシウムが使われることがあります。それだけマグネシウムは便秘改善に効果的だといえます。マグネシウムは腸を刺激するというより、便を柔らかくして排泄するためのものです。

 

ただし硬水は日本人に合わないことも

日本の水道水のほとんどは軟水です。土壌にミネラル分が少なく、すっきりとした飲み口で、和食の味を引き立てることができます。この水になれてしまった方は、ヨーロッパ地方の水を飲むとお腹を壊す人も少なくありません。

 

朝一番に飲む水は普通に売られているミネラルウォーターで十分です。無ければ水道水でも構いません。水道水に含まれるカルキが気になる方は、一度煮沸させて白湯として利用したり、冷まして冷蔵庫に入れておけば気にならなくなります。