直腸性便秘(女性に多く頑固な便利になる)の原因と解消法

直腸性便秘とは腸のぜんどう運動は正常で、腸に何らかの異常があるタイプです。便自体は直腸ふきんまできているのですが、便を排泄しようといきまないとなかなか出ません。便が出ても残便感があるような方は直腸性便秘である可能性を考えましょう。

 

便意を感じるセンサーが弱い

直腸に便が下りてきても便意を感じ難いため便秘になってしまうタイプがあります。脳に腸のセンサーがうまく伝わらないためです。次第に便は水分を失いカチコチに硬くなって排泄が困難になってしまいます。

 

直腸瘤が原因となっている場合

直腸瘤がある人は便を出そうとしても強くいきまないと排泄できません。これは女性の間で見られる症状で、直腸と膣が隣り合わせのため直腸の壁が膣のほうへと膨らみやすくなってしまったものです。

 

この症状はあまり明らかにされておらず、最近注目されている原因です。中高年の女性に多く見られ、何度もいきんでいるうちに腸の壁が膣側に傾いてしまうのです。直接的な原因は加齢により筋肉が弱くなったり、強くいきむ習慣がある方に見られます。また出産経験がある方に多く見られる傾向があります。

 

この直腸瘤は女性にしかみられません。いきまないと出ないため強くお腹に力を入れると、無意識のうちに骨盤底筋や肛門に力が入ってしまいますます出なくなってしまいます。本来は肛門周辺の筋肉はゆるんでいなければならないのです。

 

一番の解決方法は肛門付近をゆるめること。重症化してしまうと手術が必要なケースもあります。普段から排便の際にはいきまないよう注意してみましょう

 

直腸瘤の治療

直腸瘤については最近注目されるようになった便秘ですから、治療できる病院が少ないのが現状です。肛門の圧力を検査する機械が必要だったり、特殊な訓練法により治療が行われるからです。なかなか便秘が治らず、出産経験を持つ中年以降の女性は直腸瘤も視野に入れる必要があります。

 

訓練は直腸にバルーンを入れ空気を注入して排泄する方法をやります。肛門を上手くゆるめるための訓練です。若い女性だと少し恥ずかしいと感じられるかもしれません。まだ症状が軽いようなら予防はできますからできるだけいきまない、リラックスを心掛けてみてください。