なぜ女性に便秘が多いのか?割合からみる原因と理由、解消法

女性に便秘が多いといわれていますがなぜなのでしょうか?腹筋が少ない、女性ホルモンの影響などちゃんと理由が隠されています。女性は元々便秘になりやすい体質を幾つも持っているため、きちんと対策をしている人でなければ便秘になる人も多くなっています。

 

女性が便秘になる理由、腹筋が弱いから

まず女性が便秘になる理由として腹筋の弱さが挙げられます。女性は女性ホルモンの作用によりあまり筋肉が付きにくい体質なのです。そのため特別な筋トレをしている人以外は、普段の生活ではあまり腹筋は鍛えることができません。

 

そのため腹筋が弱く便を押し出す力が少なくなり便秘となりやすいのです。腸の周辺にある筋肉は便を動かすぜんどう運動とも密接な関係を持ち、女性は腸の動きが悪くなる便秘のタイプが多いといえます。弛緩性便秘のように便がカチカチになるタイプの方は筋肉を鍛えることでも解消しやすくなります。

 

女性ホルモンの影響で便秘になる

女性は生理のために卵胞ホルモン、黄体ホルモンのバランスが変わります。これにより子宮にも影響を及ぼし、近くにある腸のぜんどう運動も鈍くなることがあるのです。特に生理前に多くなる黄体ホルモンは子宮の収縮を防ぐ作用があるため、同時に腸の動きも鈍くなります。

 

逆に女性は生理中などは下痢ぎみになる方も少なくありません。今度は子宮の収縮が弱くなるためで、同じように腸の働きも活発になり下痢になる人もいます。このように女性は毎月の生理周期に合わせて便秘になったり下痢になったりしています。女性特有の原因といえますから、ホルモンバランスの周期に合わせて対策すると良いでしょう。

 

女性が便秘になる割合とは?

ではどのくらいの人が便秘で悩まされているのでしょうか。調査によると2人に1人の割合だといわれています。男性は下痢になる人が多く、女性は便秘に悩まされる方が多くなっています。女性は筋肉が弱いことや女性ホルモンの影響を受ける理由だけでなく、外出先で便意を我慢するなどの原因も問題となります。我慢すれば便意が無くなり、次第にカチカチとなった便が排泄しにくくなってしまうのです。

 

もしかしたら女性のほうが便秘で死亡するかも?

女性の便秘のタイプで多いのは弛緩性便秘です。腸のぜんどう運動が弱い人や、便意を我慢する人がこれに当たります。この便秘は我慢すればするほど便意を感じなくなり、次第に便は硬くなり排泄できなくなります。便秘で死ぬというのは便が排泄できない状態があるからです。

 

もちろん男性も便秘で死亡したといわれる例はあるようです。食生活の乱れで便秘になりそれを繰り返して長期間便が停滞すると死に至ることも。実は便秘が直接的な死因となるケースばかりでは無いため、便秘と死亡は関連付けられていないことがあります。

 

例えば心臓麻痺で亡くなられた方が便秘との関連性が指摘されるなどです。腸に便が溜まり破裂して死亡するケースよりも、便が溜まりすぎて胸を圧迫し心臓麻痺する場合も多いといいます。一説によるとエルビスプレスリーも心臓麻痺で亡くなられたのは便秘が起因しているとの話もあるようです。