乳酸菌の取り方、タイミングが大事?摂りすぎで下痢になるのか?

腸には100兆個もの細菌がすんでおり、善玉菌・悪玉菌・日和見菌と3つに分類することができます。乳酸菌を摂るということは善玉菌を増やすための便秘対策です。できるだけ腸内細菌を善玉菌を優位にすることで便秘が解消しやすくなります。

 

善玉菌とは?

善玉菌とはビフィズス菌、乳酸菌など体に良いイメージのある菌のことです。実際に良い働きをしており、善玉菌の量が増えると免疫力アップに繋がると考えられています。ビタミンやホルモンの産生、免疫の活性化、感染予防、腸のぜんどう運動を促がすなどの働きがあります。

 

善玉菌が多い人は免疫力が高まるため、がんなどの病気にかかりにくく、花粉症や喘息などのアレルギー疾患の予防にも繋がるといわれています。腸の菌で善玉菌を増やすことができれば健康を手に入れられると考えられるのです。

 

善玉菌を優位意にするためにはヨーグルトなどでビフィズス菌・乳酸菌を摂る方法があります。ほかにもこうじ菌のように味噌や醤油などの発酵食品も有効となります。納豆菌のような食品も腸内環境を整えるために役立ちます。さらに善玉菌のえさとなるオリゴ糖を摂取すると増えやすくなります。オリゴ糖や食物繊維が含まれるリンゴを食べる方法も腸内環境を整えます。

 

悪玉菌とは?

悪玉菌は腸内で発生する有害物質のもととなります。この物質が増えすぎれば大腸ガンになったり、有害物質が腸から再吸収されて全身にも影響を及ぼすと考えられます。免疫力も低下するため病気を引き起こすこともあります。

 

悪玉菌が増えすぎれば便やおならは臭くなります。便秘の人の便やオナラが臭いのも悪玉菌の増殖と関係があります。便秘の方はできるだけ善玉菌を増やすための食事を心がけ、便秘を解消していくようにしましょう。悪玉菌には大腸菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などが含まれます。

 

日和見菌とは

日和見菌とは腸内細菌のほとんどを占めており、どちらにも属さない性質をもっています。腸内環境を整えるとはこの日和見菌をどっちの働きに近づけるかということです。善玉菌が優に働いていれば日和見菌もおとなしく悪さをしません。しかし悪玉菌が増えるととたんに悪玉菌に加勢をしてしまうのです。

 

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌を摂れば日和見菌が善玉菌に優位に働きやすくなります。しかし、乳酸菌やビフィズス菌は長時間腸に停滞させておくことはできません。徐々に排泄されてしまうため、ヨーグルトなどの発酵食品は毎日こまめに補う必要があります。

 

腸内バランスを乱す原因
  • ・ ストレス
  • ・ 加齢
  • ・ 食生活の乱れ
  • ・ 肉食

などの原因があります。バランスの良い食事を心掛けている方も、加齢やストレスでどうしても悪玉菌優位に働きやすくなります。高齢者はできるだけ腹筋を鍛え、腸内環境を整えるヨーグルトや発酵食品を食べましょう。肉食中心の方も悪玉菌が優位となりやすく、偏った食事内容にならないようにしてみてください。

 

乳酸菌を取るタイミング

乳酸菌はヨーグルトなどの食べ物に含まれているため、特にタイミングはありません。しかし効果的に便秘を解消するなら、より乳酸菌が働きやすい時間帯に摂りたいものです。

 

乳酸菌を取るタイミングとして心掛けたいのは食後です。「乳酸菌が腸まで届く」などと宣伝をしているヨーグルトがあるように、乳酸菌は腸まで届かないものがあるからです。乳酸菌が口から入り込むと胃に届けられ、胃にある胃酸で多くが死滅します。そのため商品のなかでは胃酸に強い乳酸菌を独自に研究し入れているメーカーもあるのです。

 

つまり乳酸菌をできるだけ殺さず腸まで届けるためには、胃酸が食事で中和される食後がベストだといえます。

 

ただし乳酸菌は死んでいても腸まで届けることが重要だという説もあります。必ずしも生きたまま腸に届ける必要は無く、死んでいても腸に運ばれることで何らかの効果が得られるとされているのです。死んでても通常の乳酸菌と変わらない効果が得られるという研究も数多く行われています。

 

乳酸菌は摂りすぎると下痢する?

乳酸菌のみの影響で下痢になるとは考えられません。食べすぎで下痢をしたというよりは、乳製品でお腹を壊す可能性があります。日本人の多くは乳糖を分解することができません。牛乳を飲むとお腹がごろごろしやすい方、必ずお腹がゆるくなる方は乳糖を分解できていない可能性が高くなります。

 

また、乳酸菌の影響のみで下痢するというよりは、他の食生活や生活習慣などの影響で下痢になっていると考えられます。乳酸菌自体はとり過ぎてもお腹がゆるくなることは無いので安心して食べることができます。