便秘解消ストレッチ&筋トレ法

便秘に即効で効くストレッチはありません。しかし腸の周辺の筋肉を鍛えれば排便しやすくなりますし、腸のぜんどう運動も高まりやすくなって便秘が解消していきます。毎日少しずつ続けて便秘を解消してみてください。

 

便秘解消を寝ながらやる方法

まずは寝ながら簡単なストレッチをしてみましょう。この方法は腹筋を鍛えるやり方なのですが、女性など腹筋がもともと少ない人に適しています。男性の場合は少し物足りないと感じるかもしれません。主に腹筋が弱く便秘になりやすい女性向けです。

 

まず仰向けに寝ます。手のひらを組んで頭の後ろ側に当て、その状態で頭を持ち上げお腹の下の部分を見るようにして5秒キープします。これを10回繰り返して3セット続けます。

 

@ 仰向けに寝て手を頭の後ろで組む
A 息を吐きながら頭を上げ5秒キープ
B 息を吸いながら元に戻す
C 10回3セット行う

 

腸マッサージで即効ストレッチ

便秘になっている場合は「の」の字を描くように腸を手のひらでマッサージします。指の先を使い便が滞っている所を重点的にマッサージしておくと、便が排泄しやすくなります。自分でお腹に触れることで便がどのくらい溜まっているかもわかりやすく、凝り固まっている箇所は丁寧にマッサージしてみてください。

 

股関節の柔軟性を高めるストレッチ

腸のぜんどう運動が悪くなっている方は股関節の柔軟を高めると促がすことができます。仰向けに寝転んで片方の膝を曲げて上に上げます。両手を膝の下に当ててゆっくりと胸のほうに向かって引っ張りストレッチします。10秒間ほど停止させて戻し、両方の足をそれぞれ10回くらいやります。

 

@ 仰向けになり膝を曲げる
A 両手を組んで膝の下に当てる
B 膝を胸に引き寄せるよう引っ張る
C 10秒停止させ各足を10回ストレッチ

 

便秘解消は2種類のストレッチで

一番最初に紹介した方法は腹筋を鍛えて排便しやすくする方法です。2番目や3番目は腸を動かし排便しやすくする方法です。2つのストレッチは効果や意味も違いますから、それぞれを活用しながら改善していってください。