座り方を改善して排便を促す

あなたは便座の座る姿勢と便秘について考えたことはありますか?普段肛門ふきんがきゅっとしまり便が出てこないように、排便するときにもそれなりの姿勢というものが存在しているのです。もしかしたら洋式便座が増えることで、便を出すための理想的な姿勢が乱れているのかもしれません。

 

本来効率が良いのは和式便座

海外の研究で洋式便座、和式便座を調べたところ、洋式便座では便を排泄するのにあまりよい姿勢でないことがわかりました。普通に座っているだけでは腸に負担をかけてしまい、いきまないと出ない便秘になるおそれがあるのです。

 

なぜなら座るだけで肛門の筋肉は緩まないようにできているからです。一方で和式便座は少し前かがみになりしゃがみます。このスタイルが自然と便を出すために良い姿勢を作り出していたのです。お尻やお腹に力を入れずに排便ができる体制といえます。

 

洋式便座の正しい姿勢

洋式便座に座る場合は上体を少し前かがみにして座ります。このようにすると肛門の筋肉がきゅっと締まっていたのが緩みやすくなり、お腹やお尻に力を入れなくてもスムーズに排便できます。

 

肛門は普段90度の角度になっており便が漏れ出さないようになっています。このままでは強くいきまないと便が出ません。それを少し前かがみの姿勢になることで肛門の筋肉がゆるみます。コツは洋式便座に座り、肘から手首までの部分を太ももの上に乗せます。するとちょうど良い角度となり排便しやすくなります。

 

トイレに座っても出ないなら無理しない

この角度で排便をしようとして出なければ無理しないようにしましょう。いきめば直腸性便秘になる可能性も高いため避けてください。朝はとりあえずトイレに座る習慣を付け、前かがみになってみる、それで便が出ないようならまだタイミングではないということです。

 

できれば朝起きたら水を1杯飲み、朝食を食べて胃にものを入れてからトイレに行くようにしてみてください。胃を動かすことで同時に腸のぜんどう運動も促がされるからです。朝食を食べる習慣がない方は、朝1杯の水を一気に飲み少ししたらトイレに行き排便する習慣を付ける方法がおすすめです。