黒い便とは?病気かも?食べ物や貧血などの原因について

黒い便が出ると宿便が出たように感じます。でもほかの記事で紹介したとおり医学的な宿便は存在していないため、腸のヒダに溜まった老廃物が排泄されたものではありません。ではこの黒い便はなぜ出てくることがあるのでしょうか?
参考リンク:宿便って本当にあるの?

 

タール便とは?

黒い便のことをタール便とも呼んでいます。黒い食べ物を多く摂りすぎたときなどには便も黒く変化します。また胃や十二指腸などから出血が見られる場合も便は黒く変化します。血液が便に混じることで色が黒く変わるのです。

 

突然便の色が変化した時などは胃腸からの出血も考慮し医師の診察を受けるようにしてみてください。疑われる病気は胃がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などです。少量の出血ではタール便にはならないため、かなり多い血液が出ていることになります。

 

便秘で黒く変化することも

もし便秘がちなら腸に長く便が溜まり、便が腐敗することで便が黒く変化することがあります。腸では善玉菌が少なくなり、悪玉菌が増加するため腸が腐敗し色も変化します。明らかにまっ黒だったり、血液が混じっている場合以外は便秘の可能性も疑ってみましょう。

 

また魚や肉類の食事が多い場合も便は黒くなる傾向があります。これらの食品に含まれる血液が便を黒く変化させるからです。もし肉食が中心の場合では、野菜を増やすなど対処してみると黒から茶色に便が変化していきます。

 

タール便と便秘の原因の見分け方

タール便なのか便秘のために便が黒か見分ける目安があります。胃腸の問題で出血しタール便が出ているなら便は柔らかいことが多くなっています。一方便秘は明らかに便が硬くなりますから硬さでも判断できます。

 

さらに色はタール便のほうが黒くなります。いつもの便より多少黒く変化する程度で、便秘がちならタール便では無い可能性も高いと考えられます。

 

もし胃腸の問題があるか心配なら病院を受診し胃カメラの検査をすればわかります。タール便が出て受診すると胃潰瘍で緊急入院になった人もいます。胃潰瘍や十二指腸潰瘍は症状が進行すれば胃に穴が開き、かなりの激痛となるため早め治療したほうが良いでしょう。

 

胃カメラを避けたいなら便に血液が混じっているか検査する方法でもわかります。血が混じっていると診断された場合は、胃の問題だけでなく腸のポリープやがんなどの疑いも考えられます。